新規会員登録

1配送あたり50,000円以上のお買い物で送料無料

ご利用案内

茶道具・和装カタログ

淡交社実店舗のご紹介

淡交社 物販営業部 公式Instagram

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

Facebook

淡交社

 

トップ > 茶道具 > 茶碗 > 武蔵野絵茶碗
ギフトセレクション > 50,001円〜 > 武蔵野絵茶碗
特集 > Instagram掲載品 > 武蔵野絵茶碗
特集 > 広告掲載品 > 武蔵野絵茶碗
季節の茶道具 > 秋の茶道具 > 武蔵野絵茶碗

武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
拡大画像
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗
武蔵野絵茶碗

武蔵野絵茶碗

商品コード : 0000320083
価格 : 99,000円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

商品説明

武蔵野とは関東平野の南西部、基本的には東京都の西部から埼玉県川越市あたりにひろがっていた野原をいいます。
秋草、とくに薄の名所として知られ、薄に月などを組み合わせた情景は「武蔵野図」として定着し、工芸の意匠として有名です。
万葉集など古くよりさまざまな題材のモチーフとして使われてきました。
「むさしのは 月の入るべき 峰もなし 尾花が末に かかる白雲」 藤原通方(続古今和歌集)
通次阿山独特の色使いと絵付けで描いた逸品です。


通次阿山(つうじあざん):昭和13年(1938)京都生まれ。大阪市立大学 文学部を卒業。
祖父は九谷焼の名工。日本画を池田道夫に師事。陶芸の指導を父 寛斎より受ける。
絵画の技術を絵付に生かした、繊細で風雅な作品を得意とし、京焼の世界で独自の世界観を確立している。

サイズ(約):口径12.2cm 高さ7.5cm
木箱入り

TOP