新規会員登録

1配送あたり50,000円以上のお買い物で送料無料

ご利用案内

茶道具・和装カタログ

淡交社 実店舗のご紹介

淡交社 物販営業部 公式Instagram

新規会員登録

1配送あたり50,000円以上のお買い物で送料無料

ご利用案内

茶道具・和装カタログ

淡交社実店舗のご紹介

淡交社 物販営業部 公式Instagram

2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Facebook

淡交社

 

トップ > 茶道具 > 茶碗 > 萩焼 楽形茶碗
特集 > Instagram掲載品 > 萩焼 楽形茶碗
季節の茶道具 > 秋の茶道具 > 萩焼 楽形茶碗
季節の茶道具 > 新春の茶道具 > 萩焼 楽形茶碗
カタログ・パンフレット 掲載品 > 迎春カタログ(No.122) > 萩焼 楽形茶碗
季節の茶道具 > 冬の茶道具 > 萩焼 楽形茶碗

萩焼 楽形茶碗

商品コード : 0000122009
価格 : 198,000円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

商品説明

波多野英生作 萩焼茶碗



登り窯でゆっくり低温で焼かれる萩焼。
ざんぐりと柔らかな土には吸水性があり、長年使い続けることで貫入と呼ばれる表面にできた細かいひび模様を通じてお茶が染み込み、
味わい深い景色を生み出します。



これを「萩の七化け」と呼び、変化する景色の美しさが見所となって、高麗茶碗に通じる「侘び」や「寂び」を感じられる姿が茶の湯の世界で好まれ、愛でられてきました。
萩焼の特徴は土の風合いが強く、自然の柔らかさと温かさを手で感じることができること。
また、その焼成方法から生み出される淡い陶器の色にあります。



楽形茶碗はやや小振りで掌に優しく収まる作品です。
藁釉薬の釉タレが高台脇にまで流れ、一層趣を出しています。


波多野英生 陶歴
1971年、山口県萩市生まれ。
多摩美術大学彫刻科を卒業後、京都でも修業を積む。
現在萩にて、父波多野善蔵に師事。日本伝統工芸展入選。


サイズ(約):口径12.4 高さ8.8
木箱入り

 

TOP